Loading...

スタッフブログBLOG

2021年 10月 19日コラム 「 ~ 朝 ~ 」

日常

  

こんにちは

トヨタホームリフォーム 営業企画室の國枝です。

作家さん(物書き)の気持ち、少しだけ

わかります。

書けない!書く気にならない!

そんな時期が続くと思えば、

無性に書きたくなる。

私の場合は、ブログの文章を書くことは

あまり苦ではないのですが、

というより、書きたい気持ちはいっぱい

あるんですが、

みなさんに伝わりやすく、また、想像しやすく

していただくために、写真を多く使います。

その写真の加工が地味に手間がかかります。

最近よくお話をするキッチンカーや

アクセサリー作家のみなさん、Instagramを

やっている方々も

「仕事としてやっているけど結構大変。

 意外と時間がかかる」と

口をそろえておっしゃっています。

9月下旬にリフォームの撮影について

投稿をいたしましたが、

その投稿に結構パワーを使ってしまい、

次回はキッチンカーの紹介をと思いつつも、

スマホの中の膨大な量の画像を想像すると、

加工にまったく手がつかず。

と、あっという間に2週間。

でも、10月15日に無事第1回目の

キッチンカーマルシェについて投稿できたので、

安心してついついその後も 連投で

投稿してしまいます。

(お伝えしたいことが日々積み重なってしまうので)

日曜日の「朝」、イベントなどが無ければ

仕事はお休みなんですが

普段通り結構早く起きます。4時~4時半ころ。

で、パソコンを開いて、画像の加工なんぞを

しながらおもむろにテレビをつけます。

日曜日の朝と言えば、

NHK Eテレ 5:00~

 「こころの時代 ~宗教・人生~」

若いころはこんな番組見ることなんて

ありませんでした。

ところが、年齢を重ね、少しだけ心に

ゆとりができてくると、

こんな番組に出てくる言葉が、

生きる活力になったりするんです。

ただ、すべて見ているわけではなく、

PCたたきながらの「ながら見」で、

何か素敵な言葉が出てきたらメモるように

しています。

9月9日に投稿したブログ

 コラム「『ニーバーの祈り』に触れて」

も、この番組を見ていての投稿でした。

(9/9のブログはこちらからご覧いただけます)

で、昨日の番組の内容は・・・。

「選 それでも生きる 

   ~旧約聖書・コヘレトの言葉(1)」

「なんかむつかしそうな話」と毛嫌いせずに、

ちょっとお読みください。

以下が紹介された一文。

「あなたのパンを水面(みなも)に投げよ

 月日が過ぎれば

 それを見いだすからである

 あなたの受ける分を

 七つか八つに分けよ

 地にどのような災いが起こるか

 あなたは知らないからである

 ・・・・・略・・・・

 朝に種を撒き

 夕べに手を休めるな

 うまくいくのはあれなのかこれなのか

 あるいは

 そのいずれなのか

 あなたは知らないからである」

    コヘレトの言葉 11章

この一文は「コヘレトの言葉」の11章から

第1節 第2節 第6節の抜粋です。

私はキリスト教徒でも神学者でもありませんし

宗教家でもない、聖書について詳しく勉強を

したわけでもありません。

しかも聖書の言葉は非常に表現が難しく、

理解することは中々の困難。

この日も番組を流しつつ

耳だけを傾けていたんですが、

対談の中での言葉がなんとなく響きが心地よく、

メモをとりました。

後になってネットで解説を調べてみたんですが、

私がこのブログで文章にして解説することは

ちょっと無理かなと思いました。

が、おおよそこんなことかなと、

わたしなりの解釈。

最初の「あなたのパンを水面に・・・」、

パンとは命、水面は自然の流れ、すなわち

神の作りだした世の流れと言えばいいのか、

つまり、「神のなされることに身を投じなさい、

その時点では何も身にならない為

一見むなしさを覚えるが、いずれ神の

報いを受けることができるだろう」ということ

ではないでしょうか。

牧師さんが伝道師として教えを広めようと

しても、すぐには結果は現れず、

布教活動にむなしさを覚えるかもしれないが、

いずれ、何年も何十年も先に必ず報われる・・・。

といった話もみつけました。

商売でも一緒だと思います。

よく「種まきが大事」と言われますが、

その種まきに重点を置く営業会社は少なく、

明日の、今月の、次月の数字のために

経費を投ずることのいかに多きことか。

また個人でも、「苦労は買ってでも・・・」と

あります。私の人生も紆余曲折。

都度々々悩み、苦しみ、逃避しながらも

生きてきました。

それがある意味種蒔きだったのかもしれません。

定年まで残り4年を切って56年を振り返ると、

その時々が今の自分を作っている。

今、充実した毎日を送ることができるのも

無駄なことは一つも無かった証かと。

第2節の「あなたの受ける分を・・・・」は、

いま、あなたが受けている施しを

自分だけのものにせず、多くのひとに

分け与えましょう。いつ何時災いが

発生し、人から助けを受けることに

なるかもしれない。

人間の社会では不平等なことも多くあります。

しかし、神の前では世の中は平等。

助けを受けるためには、普段から周りに

気を配り、手を差し伸べておくことが

必要ではないかと思います。

そして第6節

「朝に種を撒き、夕べに手を休めるな・・・」

私はこれを仕事のこととは捉えていません。

朝も夕も、常に他人に対する手助けを

しておく必要があると捉えます。

他人と書きましたが、それは自分以外の

すべてが対象で、もちろん家族も

その中に入ります。そして、

「ああだ こうだ」と理屈ばかりこねるのではなく、

まずは行動を起こしなさいということ。

「あーでもない、こーでもない」と理屈ばかり

こねている人って、まわりにもいませんか?

結果がどうなるかもわからないのに

やってもいないうちから想像だけして

講釈だけを述べている人。

神様からすると、

「結果がどうなるかなんて知りえることなど

 不可能なんだから、講釈ばかり唱えておらず

 まず行動をしなさい」と。

コロナに限らず、災いはいつ起きるか

わからない。

一つ災いが去ってもそれで終わりではない。

世の中の変動に対応できるよう、

常から行動を起こすという「考え方」

持っておくことが大事。

講釈だけの人たちは世の変化に弱い。

そんな風に解釈しました。

牧師さんたちからは、

「そんなんじゃないぞ」といわれて

しまうかもしれませんが、

私はこう捉えて、自分の行動の糧に

したいと思いました。

ちなみに、「人々に分け与える」のは

決してお金や施しのことだけではないと

捉えています。

なぜなら、聖書に出てくる「パン」とは

「命」を意味します。「物」ではないのです。

もし、分け与えるべきものが「物」で

あるならば、

それはお金を持っている人にしか

できなくなってしまうからです。

そんな勝手な解釈から、

いま私が周囲の誰かに分け与えることが

できるものが何か考えたとき、

思い浮かぶものの一つが「情報」。

その手段は様々ですが、

私が企画し、開催しているいろんなセミナーや

DIYの体験会もその一つと捉えられるし、

今書いているブログもその一つと

考えています。

大変前置きが長くなりましたが、

(じつはここまでが前置き)

そんなことで、

今回みなさんにお伝えしたいのは、

インスタグラムで私がフォローしている

方々の投稿している画像。

インスタグラムをやっていない方、

やってはいるがまだこの画像に出会って

いない方。

この機会にフォローするかどうかは

みなさんのお好みですが、

せっかくこの情報を発信する機会を

頂いているのでご紹介したいと思います。

以前このブログでお話したように、

私は夜明けが大好き。

暗闇から白々と空が明けてくる、

そんな瞬間が好きで、

私が好きなその朝の空を、時々インスタに

投稿している方の情報を皆さんにも

お伝えします。

(ここでやっとブログのタイトル「朝」)

すべて「朝の空」の写真です。

co⑥.jpg

co①.jpg

co②.jpg

co③.jpg

見た瞬間に心が洗われ、幻想的で、

「今日起きる何かに『わくわく』が沸き上がる」

そんな感情を覚えます。

このインスタグラムの画像を投稿しているのは

川幡千英子さん。

私は全くお会いしたことはありません。

どなたかのインスタを見ていて

その方がフォローしているのを見つけました。

SNSは使い方を間違えると

大変な不幸が発生することもあります。

でも、そんな中でinstagramは、

出会う機会の無かった方、

全く知らない素敵な方と出会うこともできる

すばらしいアイテムだと思いました。

(川幡千英子さんのinstagramはこちらから)

co⑤.jpg

続いてお送りします。

co④.jpg

sachi①.jpg

sachi②.jpg

sachi③.jpg

sachi④.jpg

こちらの画像は、

天然酵母でパンを作っていらっしゃる

【Sachiさん】のinstagramです。

(2018sachiさんのinstagramはこちらから)

画像化

"sachi"さんの画像は、天然酵母パンの紹介や

出店の案内が投稿されている中で、

身近な自然や空の画像が上がってきます。

空を見上げるって、みなさんしていますか?

朝の空を見上げると元気と勇気が湧いてきますよ。

"sachi"さんは以前、

9月4日に「すまいる館」で開催された

マルシェにご出店をいただきました。

その日からフォローさせていただいています。

先ほどの「川幡千英子さん」、実は

この"sachi"さんがフォローしていて、

"sachi"さんのinstagramからたどり着いたんです。

9.jpg

(ご出店いただいた時のsachiさん)

そして次の画像。

さっちゃん.jpg

この画像は、

キッチンカーでカレーの販売をしている

「さっちゃんカレー」さんです。

さっちゃんは、大きなイベントやマルシェなどに

出店する朝、たまに空の写真をストーリーに

投稿します。

(ストーリーは24時間で消えてしまうので

 確保できた画像はこの1枚のみ)

出かけるときの今日の意気込み、自分に

言い聞かせているようにも思えます。

下のイラストかわいいでしょう。

さっちゃんカレーも9月4日のマルシェに

ご参加いただき、ちょっとだけ紹介させて

いただきました。

(9月6日のブログ 移動レストランキッチンカー)

の最後に紹介しています。

今日はもう少し具体的に。

さっちゃん①.jpg

さっちゃん②.jpg

【さっちゃんカレー】は、我が町、江南市を拠点に

活動しているキッチンカー。

クイックアレンジ研究科の岩本幸子さんが

運営しています。

(さっちゃんカレーのinstagramはこちらから)

(さっちゃんカレーのホームページはこちらから)

さっちゃんカレー①.jpg

「さっちゃんカレー」の特徴は

1.グルテンフリー

2.オイルフリー

3.動物性フリー

7大アレルギー性物質を使っていないから、

アレルギーをお持ちのお子様でも安心して

食べられるし、

動物性フリーのverganカレーなので,

動物性食品(卵や乳製品)を食さない方、

宗教上、肉食できない方々も召し上げって

頂けます。

さっちゃん③.jpg

今はキッチンカーでいろんなマルシェに

出店されています。

さっちゃんカレー②.jpg

先日も江南市で開催された、

「みんなでなかまルシェ」に

出店されていていました。

さっちゃん④.jpg

(みんなでなかまルシェはどこかでご紹介します)

さっちゃんカレー⑥.jpg

マルシェは3時までだったんですが、

昼過ぎにはすでに完売。

さっちゃんカレー⑤.jpg

それでも、お子さん連れの若いご夫婦やカップルが

さっちゃんカレーを訪れます。

もう尾張エリアでは人気のキッチンカーです。

さっちゃんカレー⑦.jpg

キッチンカーとしてのスタートは2020年10月1日。

先日めでたく1周年を迎えました。

さっちゃんカレー③.jpg

さっちゃんカレー④.jpg

ただ、カレーへの取り組みはずっと前から

行っているようで、

今のインスタは2019年7月3日に

アカウントを取り直して再スタートしています。

カレーへの探求は、その前のアカウントから

ずっと続けているようです。

「誰もが好きなカレーを、誰もが楽しめるよう、

すべてのお子様が安心して食べられるように」

それが「さっちゃんカレー」の想いのようです。

最近、どんどん豊田エリアからもお声がかかり

出店し始めてます。

なんと、今週末23日、

全国でも珍しい、豊田市にあるマルシェ専用施設

「空下のマルシェ」(いずれご紹介します)

(空下テラスのinstagramはこちらから)

への出店スケジュールも見つけました。

そして、最後は私が撮影した空。

私は個人的なinstagramへは投稿をしていませんが、

このブログにたまに掲載します。

上の2枚は昨日の朝撮ったもの。

下の1枚は昨年の11月。早朝に出勤したときの

写真です。

空②.jpg

空③.jpg

空①.jpg

こうやって、たまに空を見上げる。

すると、その空から力をもらえる気がして、

そんな気持ちになることすら、みなさんへ

お伝えしたくて・・・。

と言うことで、今回はこの辺で。

また、マルシェやキッチンカー、

素敵な空間やご縁について、

お伝えしてゆきます。

営業企画室の國枝でした。

 

2021年 10月 16日東谷山フルーツパーク!

日常

  

みなさんこんにちは。

トヨタホームリフォーム 営業企画室の國枝です。

結局今日も暑かった。

今日はお昼に、名古屋市守山区にある

東谷山フルーツパークへ行ってきました。

(東谷山フルーツパークのHPはこちらから)

tougokusan㉘jpg.jpg

決して朝の情報番組「ドデスカ!土曜日デス」で

中継していたのを見たからではなく、

今日、10月17日(土)は、

この東谷山フルーツパークで

「TOUGOKUSAN claft market」という

マルシェが開催されるということで

マルシェの様子を見学に伺いました。

tougokusan①.jpg

このマルシェ、主催をされていたのが、

以前トヨタすまいるライフで開催された

マイタウンフェスタに出店されていた

作家さんだったんです。

(9/15ブログ「マイタウンフェスタinすまいる館」はこちらをクリック)

「TOUGOKUSAN claft market」は

作家さんたちのマルシェ。

出店されている方々はほぼほぼ女性。

通常、作家さんたちのマルシェは

素敵な女性ばかりなので、

男の私ではちょっと近づきづらい。

だけど、

このTOUGOKUSAN claft marketは

オープンスペースで開催されるので、

作家さん達にお会いするチャンス。

(tougokusan craft market のinstagramはこちらから)

出店レイアウトがこちら。

ここからすでにおしゃれ。

作家さんのマルシェらしい。

tougokusan③.jpg

NORTH GATEから見たマルシェの様子。

tougokusan㉗jpg.jpg

こちらがPARK AREA

tougokusan㉕jpg.jpg

このマルシェには他にも、

ぱん屋よつ葉さん、kitchen kukuttoさんなど

日頃からトヨタホームリフォーム公式インスタを

フォローしていただいている方々が出店されている

ということで、

ちょっと覗きに行ってきました。

tougokusan②.jpg

主催した作家さんのお名前は、「HachitoRi」さん

元ウェディングプランナーの

「けしゴムはんこ屋」さんです。

HchitoRiさんは以前ブログでもご紹介させて

いただきました。

(HachitoRiさんのinstagramはこちらから)

(9/15ブログ「マイタウンフェスタinすまいる館」はこちらをクリック)

けしゴムはんこといっても侮るなかれ、

どうです?このおしゃれ感

tougokusan④.jpg

instagramを見ると、いろんな作家さんからも

はんこのオーダーも入っているようで、

現在オーダーストップ中。再開したら

わたくし國枝も密かにお願いしようなどと

考えています。

tougokusan⑤-1.jpg

今日は朝の「ドデスカ!」で中継されたせいも

あるのか、子供さん連れがいっぱい。

(テレビはフルーツパークのミカンの話で

マルシェについては紹介されていませんが・・・。)

HchitoRiさんのブースもこんな感じ。

小学生たちが代わるがわるスタンプを購入しに

やってきます。

tougokusan⑳.jpg

左に写っているのがHachitoRiさん

tougokusan⑤.jpg

右に写っているのは "recette" (ルセート)さん。

今回、HachitoRiさんが主宰を勤めている為、

お店を留守にすることが多くなってしまう、

そこをこのrecetteさんがサポートしていました。

recetteさんはアクセサリーやターバンの作家さん。

(recetteさんのinstagramはこちらから)

tougokusan⑥.jpg

このrecetteさんも実は9月のマイタウンフェスタに

ご出店の予定でした。

ところがあのコロナの拡大状況で

残念ながら出店を断念。でも、そのときから

ずっとトヨタホームリフォームをフォローしていて

くれています。

トヨタホームリフォームとしても、これからも

応援してゆきたいと思います。

さて、そのお隣を覗くと、

お馴染みの「ぱん屋よつ葉」さん。

ぱん屋よつ葉さんは、一宮市の「渋ビル百貨店」で

ご紹介させていただきました。

(9/6日のブログ「移動レストラン「キッチンカーⅡ」)

このぱん屋よつ葉さんも9月のマイタウンフェスタに

出店いただきました。

パンがおしゃれ。

これはinstagramの画像なんですが、

(ぱん屋よつ葉さんのinstagramはこちらから)

tougokusan⑩.jpg

実際にすまいる館で出店された時の写真が

こちら。

tougokusan⑪.jpg

このマイタウンフェスタで私が購入したのが

こちらのパン。

「花」の形もかわいいし、後ろに写っている

「小椋&バター」も絶品でした。

tougokusan㉑.jpg

今回はグラノーラを購入。

前回、「アールグレイといちじく」をいただき

妻からは絶品の声だったので、

今回は「ハニーオレンジ」を購入。

妻へのお土産です。

tougokusan⑬.jpg

右側が「ぱん屋よつ葉」さん

tougokusan⑦.jpg

そして左側に写っているのは

tougokusan㉓jpg.jpg

お弁当の販売で出店していた

"kitchen kukutto" さん

kukuttoさんは名古屋市天白区に厨房を

構えるお弁当屋などを販売している方。

つい先日初めてお会いしたばかり。

10月13日(水)に我が家の近く、

丹羽郡大口町にある「喫茶なお」で開催された

ピザ窯キッチンカー "ひげどんぐり" さん主催の

「気まぐれな水曜日」伺った際に

お会いしました。

(こちらのマルシェも後日ご紹介します)

(ひげどんぐりさんのinstagramはこちらから)

tougokusan㉒jpg.jpg

お会いした時はご主人がいらっしゃいましたが、

今回は奥様。

前回も今回も、残念ながら人気のお弁当は完売。

購入はかないませんでした。

お弁当といっても、やっぱり侮るなかれで、

常に完売の理由は画像を見ればわかります。

tougokusan⑧.jpg

tougokusan⑨.jpg

こだわりの素材と味とそしてルックス。

日本人は目で食すると言われます。

美味しいだけではだめ、見た目の美しさに

日本人は味わいを堪能するもの。

併せて、販売をされていた奥様も

お洒落で素敵な方でした。

(kitchen kukuttoさんのinstagramはこちらから)

もう一人、以前からお互いにフォローをしている

作家さんがこのマルシェにご参加されていたので、

この機会に是非ご挨拶をと伺いました。

"Kilig"(キリグ)さん

アクセサリーの作家さんです。

初めてお会いして、ご挨拶が精いっぱいで

お名前の由来を聞いてくるのを

忘れてしまいました。

tougokusan㉔jpg.jpg

この日もブースには素敵なアクセサリーが

ならんでいました。

tougokusan⑭.jpg

tougokusan⑯.jpg

tougokusan⑮.jpg

"Kilig"さん、今後もフォローさせていただきます。

(Kiligさんのinstagramはこちらから)

今回は、「TOUDOKUSAN claft market」の

ご紹介をさせていただきましたが、

そもそもこのマルシェに行こうと思った

きっかけは、これも9月のマイタウンフェスタに

ご参加された

「ate-ke (アトケ)」さん。

(アトケさんのinstagramはこちら)

アトケさんについても9/6のブログで

ご紹介しています。是非ご覧ください.

花と古書を使った空間づくりはいろんな

作家さんからリスペクトされてます。

このアトケさんのinstagramをフォロー

しているうちにこのマルシェに繋がり、

今回の訪問に繋がりました。

このマルシェ、主催はHachitoRiさんなんですが、

もともとの企画は春日井市の「pot企画」さん。

とにかくいろんなことを企画・主催されてます。

このpot企画さんについても、もう少し

情報がまとまったらいつかご紹介したいと

思います。

(pot企画さんのinstagramはこちらから)

さてさて、今回はマルシェのお話。

残念ながら私はアクセサリーをつけることは

無いのですが、ただ、このようなマルシェに

伺うことで、素敵な空間づくりや

小物、レイアウト、ショップの見せ方など、

勉強になることはたくさんあります。

センスは生まれつき与えられたモノかも

しれませんが、

感性は磨くことができるもの。

そう思い、これからもいろんなマルシェに

参加したいと思う今日この頃です。

次回は再びキッチンカーのミニマルシェを

ご紹介したいと思います。

それでは今回はこの辺で。

営業企画室の國枝でした。

 

2021年 10月 15日キッチンカーミニマルシェ

  

みなさんこんにちは。

トヨタホームリフォーム 営業企画室の國枝です。

秋10月

空.jpg

「いよいよ10月だ」と思っていると

すでに半分が過ぎようと。

このブログも、前回の一本を書き上げ、

ちょっとホッとしていると、

あっという間に2週間が経過してしまいます。

この2週間で柿の葉も大分落ち、

秋とは思えない気温が続く中でも

自然は着実に秋。

柿①.jpg

柿②.jpg

今年は柿が豊作。

相変わらずお伝えしたいことは山ほどあり、

なんですが、先回から書く書くと言いつつ

まだお伝えしていないキッチンカー特集。

今回はその辺のお話を。

実はこの2週間も、

全くPCを開いていなかったのではなく、

お盆明けの8月下旬の「渋ビル百貨店」をはじめ、

時間あるごとに尾張周辺のマルシェを

覗きに行っており、その写真の整理と加工に

とてもとても時間がかかっており、

キッチンカー①.jpg

また、

この膨大な写真、キッチンカーやマルシェの様子、

何をどうお伝えすると、

わかりやすくキッチンカーの楽しさが伝わるか、

頭の中をずっと整理していました。

今回お伝えするのは、我が家の周辺で

開催されているキッチンカーのミニマルシェ。

そちらの紹介をしたいと思います。

9月5日のブログで、一宮市で毎週開催されている

「渋ビル百貨店 ランチマーケット」のご紹介を

させていただきました。

(9/5ブログ移動レストラン「キッチンカー」はこちら)

今回は、私の住んでいる江南市に

更に更に近いエリアでのミニマルシェの紹介です。

我が家から15分~30分程度、こんな近くで

定期開催されているマルシェが実に5か所。

すべてここ2~3か月から半年以内に

スタートしたキッチンカーマルシェ。

毎回2台~6台のキッチンカーが集まる

ミニマルシェです。

緊急事態宣言でイベントの中止が続出する中、

逆にキッチンカーは増え続けており、

みな出店先を見いだす手段として、

誘いを待つだけでなく、自ら出店場所を

生み出すといった、新たな文化が

定着しつつあります。

では、私が伺った順でご紹介します。

まずは、江南市のお隣、丹羽郡栢森、

名鉄犬山線栢森駅からほど近い

コインパーキングで開催のマルシェ。

柏森①.jpg

コインパーキングでマルシェ???

どういうこと?? と思い早速調査。

インスタのプロフィールを見ると、

(柏森コインパーキングの出店情報はこちらから)

柏森③.jpg

場所を調べると・・・

「コインパーク柏森駅前第5」

本当にコインパーキングです。

柏森⑤.jpg

初期のインスタをたどってみると、

こんな投稿からスタートしています。

柏森④.jpg

柏森②.jpg

sa_made.cafeさんについては、

9月6日の「渋ビル百貨店」でもご紹介しました。

また、次回のキッチンカー特集でも

改めて登場します。

伺った日はこんな様子。

柏森⑬.jpg

右側のキッチンカーが

ライドオンタイガー(@ride_on_tiger)

左側がピース・カフェ(@kitchen.car_peacecafe)

ピースカフェさんについては後日ご紹介します。

今回はライドオンタイガーさんにお話を伺いました。

いらっしゃったのは代表の虎谷さん。

出店などについては、上記のお名前を

クリックしてinstagramをご覧ください。

やはり、イベントの中止の続く中、

出店のできる場所を探していて

このコインパークにたどり着いたそうです。

そして駐車場のオーナーと交渉の末、

このパーキングを月間でまとめ借りして

マルシェを開催することとなったそうです。

ライドオンタイガーはエスニック料理の

キッチンカー。

岐阜羽島を拠点とし、岐阜や愛知で

活動しています。

柏森⑨.jpg

柏森⑪.jpg

この日私はローストビーフ丼を注文。

ご飯の上に

湯煎した真空パックのローストビーフを

載せて完成???かと思いきや、

ご覧の通り、(ちょっとわかりにくいですが)

柏森11-2.jpg

自家製のローストビーフをスライサーでカット。

丁寧にご飯の上に並べたら温玉をのせて完成。

以前もお伝えしましたが、最近のキッチンカーは

走る厨房。聞くと、「キッチンカーも増えたので

特色が無いと生き残れない」とのこと。

これ、キッチンカーの皆さんが口をそろえて

おっしゃいます。

よそと同じことをやっていては生き残れない、

我々リフォーム業界と一緒です。

で、いただいたローストビーフ丼がこちら。

正直なお話、めちゃくちゃ美味しい!!

写真でも美味しさが伝わるのでは

ないでしょうか?

柏森⑫.jpg

9月になって再び柏森へ。

別のキッチンカーがこの日は3台。

柏森⑥.jpg

デリデカンパーニュ 

  Deli di Compagne(@delidicompagne)

メルハバカフェ

  MERHABA CAFE(@merhaba_cafe)

PF kitchen(@pf.kitchen)

メルハバカフェはケバブのお店。

県内に3台と言われるドネルケバブを積んだ

キッチンカー。(と聞きました)

柏森⑭.jpg

ドネルケバブの「ドネル」とは、回転させる

という意味らしい。

ブロック状、或いは薄くスライスして味付けした

牛や鶏、ラム肉を、垂直の串に刺し、

回転しながら熱を加える。

表面の火の通った部分を薄くそぎ落とし

付け合わせやサンドウィッチにして

いただくトルコ料理。

柏森⑮.jpg

柏森⑯.jpg

柏森に来ると、こんなケバブ料理にも

出会えます。

もう1台のPF.kitchenはスープカレーのお店。

ただ、インスタを見ると、ラーメンであったり

海鮮であったり。

いろいろトライしているようです。

現在はスープカレー。

聞けば、3日間かけてルウを仕込んでいるそうです。

北海道の老舗直伝とあります。

柏森⑱.jpg

柏森⑰.jpg

柏森㉑.jpg

最後に、

デリ・デ・コンパーニュ

柏森㉒.jpg

柏森⑦.jpg

看板がにぎやかなお店。

いろんな食事を提供しています。

このコインパークの主催者です。

先に紹介したライドオンタイガーさんと

運営しているようです。

このデリ・デ・コンパーニュさんは、かつては

飲食店の営業をされていたそうです。

だからいろんな料理を提供できるんですね。

イベントよりも県内の大学や豊田・春日井の

工業団地などへ結構な回数の出店を定期的に

行っており、勝手ながら、安定的な経営を

しているななどと感じました。

キッチンカーを覗き込むと、

ほんと、厨房そのもの。

プロの料理人、美味しいはずです。

この日にいただいたのは、

メルハバカフェさんのケバブロールと

PF.Caféさんのスープカレー

そして、デリ・デ・コンパーニュさんの

おつまみセット。

柏森⑳.jpg

この日の晩御飯も楽しくいただけました。

柏森⑲.jpg

スープカレーとケバブロールは、撮影前に

長男が食べてしまいました 。

本当は、5か所すべてをご紹介するつもりでしたが、

かなりの情報量となってしまう事、

改めて感じましたので、随時ご紹介を

させていただきます。

第1弾は、

愛知県丹羽郡栢森のコインパーキングでの

ミニマルシェのご紹介でした。

次回もお楽しみに。

営業企画室の國枝でした。

 

CONTACT
お問い合わせ

「まず、何から始めればいいの?」「相談できるお店を探したい」など、
リフォームに関するご質問は、お気軽にご相談ください。

TOYOTAHOME REFORM

トヨタホームリフォーム株式会社

〒473-0902 愛知県豊田市大林町1丁目81番地
TEL 0565-24-1251(代表)

建設業許可:愛知県知事(特-30)第69036号
宅建業免許:愛知県知事免許(2)第22581号
一級建築士事務所:愛知県知事登録(い-30)第12737号

  • TOYOTA HOME
  • トヨタすまいるライフ株式会社